【かほり、あれこれ日記】

お香・香道についてはまったくの初心者である「こゆき」がレポートする、薫りについての「あれこれ」日記。from鎌倉・天薫堂

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果てしなく遠い☆薫りの世界1

いよいよ始まりました!あれこれ日記

記念すべき第一回目は、香道初心者と言えば、まずはコレ
「香りを楽しむ会」への参加
そして体験記をここに綴ります

「香りを楽しむ会」は
薫りの世界への登竜門
初心者を対象とした会で、
まずは香りを楽しみ香道の世界をちょっと体験してみよう

というものです。

初心者の集まりと聞いて、すっかりリラックスしながら、
いざ鎌倉は天薫堂内にある香寿庵へ~
楽しむ会27ミニ 

店内に入ると・・・
早速お着物姿の女性を数人発見
私も着物を着たかったのですが
でも今日は初取材ということですし、動きやすいパンツスタイルに
・・・・というよりも
この日は気温も高くて暑かったので断念してしまった、
というのが正直な所



さて。
この日の参加人数は12名ほど。
お座敷内はにぎにぎしくなりました
会を進行するのは、御家流香道師範の丸山堯雪先生です。

畳の上に赤い毛氈がコの字に敷いてあり、その上に並んで座ります。
と、ここまではなんとなく予想していたのですが、
ある重大な事実に直面します。

そう、そうです正座です
香道の体験中はずっと正座です当たり前ですが
畳の上に直に正座すると、ゴリゴリして結構痛い当たり前なのですが
初心者には辛いところ
でもまだ始まったばかり。 雑念は忘れて集中です

まずは最初に、
本日体験する「組香(くみこう)」というものについて
先生が説明してくださいました。
「組香」とは、
古典の和歌や物語をテーマとして、
それぞれ歌や言葉にちなんだ名前を付けた香木が何種類か用意され、
それらの薫りをイメージしながら聞く、といったもの。

「薫りを聞く」というと、あまりピンときませんが
香道では薫りは「嗅ぐ」のではなく「聞く」と言うのだそうです。
うーん。上品な言い方
嗅ぐってなんだか動物っぽい
「聞く」と言うだけで薫りの奥深さを感じます

楽しむ会①  ←香道具

今回の組香は、『鵜飼香』という種類でした。
うかい・・・
あんまり馴染みが無いので、首をかしげてしまいましたが、
うかいの薫りって・・・一体

そこで、この歌が登場します。
鵜飼船高瀬さしこす程なれや
  むすぼおれゆく篝火のかげ (古今集より寂連)
「鵜飼船が、浅瀬をさおして、超える頃だからであろうか、 
揺れもつれていることよ、篝火の光が揺れ動いてなんとも美しい」
という意味です。

イメージを膨らませるために、
先生は鵜飼について少しお話をしてくださいました

鵜飼は5月~10月ごろに行われるということ。
岐阜の夏の風物詩である長良川の鵜飼いは、
1300年以上の歴史があるということ
闇夜に萌える篝火がとても美しいのだということetc・・・

ふ~む。鵜飼って日本の伝統美でもあるのですね
恥ずかしながら全然知りませんでした

さて、ここからが本番です
(足はめっちゃ痺れてきております)

今回は4種類の香木が使われました。
それぞれ鵜飼にちなんだ名前がつけられています。
一つ目は、長良川という名前がついた「伽羅(きゃら)」
二つ目は、河波という名前がついた「佐曾羅(さそら)」
三つ目は、小船という名前がついた「寸聞多羅(すもたら)」
四つ目は、鵜という名前がついた「真那伽(まなか)」

伽羅以外、ぜんぜん知らない・・・
それにしても、
香木の名前って、こんなにアジアンチックなのですね

このうち、
最初に長良川、河波、小船の三つが試香として焚かれ
香炉が回ってきます。

楽しむ会④ 
※↑古帛紗と手記録紙&筆ペン 全て教室が用意してくれます

ここがポイントで、
回ってきた薫りの特徴をこの試香で覚えておかなくてはならないのです
なので、
甘いとか、サッパリしているとか、自分でメモをとっておくと良い◎
でも、このメモも、なんてメモったら良いのか分からない
言葉が見つからなくて、あたふた
初めての薫りを言葉にできなくて、もどかしいのでした


つづきは2へ












コメント

NoTitle 

初めて投稿させて頂きます。
香りは大好きで、鬼頭天薫堂で行われる 香りを楽しむ会
へ参加してみたいのですが、正座が心配で躊躇しています。
ちなみに長谷寺で購入出来る 沈香大香木、天薫堂さんの玉芝も好きです^^

美智子さんへ 

コメントどうもありがとうございます!
香りを楽しむ会に参加ご希望なのですね!
でも正座が心配というお気持ち・・・、
良く分かります~!!(汗)
でも、香り好きな方には
ぜひ一度チャレンジして頂ければ・・と思います☆

  • こゆき 
  • URL 
  • 2011年11月12日 18時29分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

鬼頭天薫堂(新しいウィンドウで開きます)

【ご案内】

プロフィール

Author : こゆき
◆和をこよなく愛するアラサーです
◆着物大好き
【お香知識レベル】

最新記事

最新トラックバック

検索

 

QRコード

QRコード

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。